デンタルインプラントQ&A

インプラントの素材は何ですか?

体となじみの良いチタンを使用しております。

インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみをさらによくするために表面処理が施されています。チタンは人工関節など、さまざまな分野で使用され、生体親和性の高い材料として世界で認められています。
インプラントの寿命はどのくらいですか?手入れは?

長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行ってください。

インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。長持ちさせるために最も重要なことは、自分の歯と同じような毎日の手入れです。指導された正しいブラッシング方法で磨き、半年に一度は必ず定期検診を。インプラントは歯が歯周病になるのと同じような症状になったり、かみ合わせが悪くなったりする場合があります。定期的な検診は必ず受けましょう。
インプラント治療は誰でも受けられますか?

お口の状態や体の健康状態によって判断されます。歯科医師とご相談ください。

年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳ぐらいから治療を受けることができます。ただし、あごの骨の状態によっては、治療を受けることができない場合があります。また、歯周病の場合は、残っている歯の治療を行ってからインプラントをすることになります。他の病気や健康状態によっても受けられない場合がありますので、歯科医師とよくご相談ください。
治療期間はどのくらいかかりますか?その間の歯はどうなりますか?

長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行ってください。

心配な治療期間中の歯ですが、仮の歯や仮の入れ歯を入れることで、食事や会話に問題が起きないようにします。治療中も快適に過ごせるのがうれしい点です。
治療費はどのくらいかかりますか?

保険のきかない自由診療です。また、治療内容によって費用は異なります。

インプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険は使えません。実際の治療費は、使用するインプラントの本数や種類、かぶせる歯の材質や方法によって異なるので、歯科医師とよくご相談ください。
手術後、注意することは?

手術後、数日間は歯科医師の指示に従って安静に。食事にも配慮を。

手術自体は麻酔をして行うので、ほとんどの場合、痛みもありませんが、麻酔が切れてからの痛みや手術後1~2日、痛み・腫れが出ることがあります。歯科医師の指示を守り安静にする他、食事もかたい物を避けるなどの配慮をしましょう。
京セラメディカルのインプラントの特長は何ですか?

国内で初めてセラミック製人工歯根を開発して以来、多くの歯科医師に採用されています。

京セラメディカル株式会社(京セラメディカル)は2004年9月に京セラ株式会社と株式会社神戸製鋼所の医療材料事業の統合により設立されました。
京セラ株式会社は電子部品や再結晶宝石の開発で培われたファインセラミックス技術を活かし、1975年、国内で初めてサファイア人工歯根「バイオセラム」を開発しました。以来、研究・開発を重ね、人工骨、人工関節などへと応用範囲を広げ、医療分野での製品開発を積極的に手がけてきました。
京セラが有するセラミックス技術と神戸製鋼所が有する金属技術を融合させ、今後も優れた製品を供給し続けます。

京セラメディカルのインプラント <POIシステム>

サファイア人工歯根で培われた経験に基き、1989年、POIシステム※を開発しました。POIシステムは、生体親和性の高いチタン合金を表面処理し、それまでセラミックス製インプラントではできなかった形状やシステムの多様化を実現しました。すでに10年以上にわたり多くの歯科医師に採用され、年間約6万本が使用されています。

※POI=Physio Odontrum Implant